車検ランキングTOP5

第1位 車検の速太郎

  • 待ち時間なしで時間の有効活用できるのが特徴です

  • 丁寧な『立合い車検』が安心で分かりやすい

  • 手数料無料で価格が明快な価格設定を行っています

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

車検の速太郎に対するみんなの口コミ

車検ってどこも一緒だと思っていたのですが、友達に車検の速太郎を紹介され、利用してみました。1時間程度で終わったので、代車...
車検って、何日かお店に車を数日預けないといけませんよね。私は仕事で車を使うので、本当に困っていました。しかし、その点、こ...
その場で説明しながらやってくれる、『立合い車検』がよかったです。他のところでは、あまり説明がなくいつもよく分からないまま...

車検の速太郎は全国展開している

当社は広島県に本社をかまえる車検専門会社ですが、その勢いは留まるところを知らず、日本全国に展開しています。

第2位 車検のコバック

  • 『20年50万km精神』でこれまでにない車検を提供する

  • 地域最安値を目指す低価格保証システムを導入

  • 車検大学校で学んだスペシャリストたちが検査する

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

車検のコバックに対するみんなの口コミ

この会社は、大手企業ということもあって、しっかり教育されていて、丁寧なスタッフの方が、車検のプロの目線から検査してくれた...
大事な愛車の車検なので、しっかりと知識を持ったプロにやってもらいたいと思っていたところ、車検大学校で教育を受けている検査...
愛着のある車を、大事に長く載っていきたいと思っていたので、車検のコバックの提供する『20年50万km』の考えにはとても賛...

車検のコバックは日本最大級の車検チェーン

日本に新しい車検システムを展開した、元祖車検チェーンであり、500店舗にのぼる店舗数は日本最大級です。

第3位 イエローハット車検

  • 充実のサービス品質で選ぶならばおすすめです

  • 簡単でお手軽にWEB見積もりができるのが魅力

  • 全国チェーンならではの特徴を兼ね備えています

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

イエローハット車検に対するみんなの口コミ

私は毎日車には乗っているものの、バタバタと過ごしており、車検のことなんてすっかり忘れていました。ここは毎日車検の受付をし...
初めての車に初めての車検で、とっても不安だったので、大手の車検チェーンでお願いしたいなと思っていたところ、友達にイエロー...
タイヤの交換のときにイエローハットを利用したことがあったのですが、車検もやっているんですね。全然知りませんでした。しかし...

毎日受付しているイエローハット車検

専門のオペレーターが、土日祝日関係なく、毎日電話での問い合わせや見積もりを受け付けています。休日でも安心して利用できます。

第4位 ホリデー車検

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

顧客満足度99.8%のホリデー車検

弊社の顧客満足度は99.8%です。そのため、広いニーズに応えており、安心と信頼の車検が提供されています。

第5位 楽天車検

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

参考車検価格が見積もれる楽天車検

事前にサイトで参考車検価格が見積もれるので、お店で見積もるよりも、簡単で手軽に車検価格がチェックできる上に、費用の目安が分かるので安心です。

車検の流れと期間について知ろう

旧車車検が受けられるのは有効期限の30日前から受けることができ、早めに受けたとしても有効期間が短くなることはありませんので余裕を持って車検を受けましょう。なお、運輸支局から指定を受けている工場では適合標章の有効期間も含めると有効期限の45日前から受付可能です。予約のみなら車検をお願いするだけですので2か月前でも構いません。

車検の流れは整備工場入庫時に、車検証、自賠責保険証、自動車税納税証明書(継続検査用)、認印を用意し受付します。点検整備を行い不具合箇所があれば修理交換します。この際には事前に車検前の点検、見積が完了していればスムーズに作業が進みますので、実際に車検の際に新たに不良箇所が出てきた場合以外を除き点検整備はスムーズに完了します。点検整備完了後、クルマの状態や交換した部品の説明、今後のメンテナンスアドバイスなどの説明を受け終了です。

車検の有効期間について主な車種別の有効期間についてまとめます。白地に緑色の文字ナンバーの自家用乗用車(5、7、3ナンバー車)は新規登録から初回車検は3年、二回目以降は2年毎の車検です。軽乗用車も同じです。「わ」ナンバーのレンタカーは初回車検は2年、二回目以降は毎年車検です。

緑地に白色の文字のナンバーの事業用乗用車は新規継続問わず毎年車検です。タクシーやバスなどが該当します。軽自動車の貨物自動車(4ナンバー車)は自家用、事業用問わず初回車検二回目以降も2年の有効期間です。軽トラックなどが該当します。白地に緑色の文字ナンバーの自家用貨物自動車(1、4ナンバー車)は初回車検は2年、二回目以降は毎年車検です。ハイエースバンやランドクルーザーの1ナンバー車などが該当します。

車検にはどのような費用が掛かるのか

黒い車車検の時にはまとまったお金が必要で「車検は高い」とイメージを持つユーザーも少なくないはずです。車検の費用の中には点検整備にかかる費用と自賠責保険料、自動車重量税など必ずかかる費用、車検に対応するために部品を新しく交換した際の費用があります。

点検整備費用は車検の際には必ず必要な24か月点検整備を行う費用です。また、車検代行費用として手数料もかかります。点検整備費用は格安車検業者で1万円前後からあり、ディーラーでは3万円前後です。車検代行費用は6千円から1万円が目安です。ユーザー車検なら予備検査を行う場合は予備検査費用概ね3千円程度のみで大丈夫です。これら全ての合計額が車検の費用になります。

車検の際には、格安車検でもディーラー車検でも必ず必要な費用は自賠責保険料と自動車重量税です。自賠責保険料の金額は毎年4月に見直されています。平成29年4月からは平均6.9%引き下げられることになりました。4月以降の新保険料は自家用普通乗用車で25,830円(24か月)、軽乗用車で25,070円(24か月)です。自動車重量税は参考までに、軽自動車重量税額は6,600円(2年分、エコカー適用無)、普通車の重量税額は車両重量1.5t未満で24,600円(2年分、エコカー適用無)です。普通車の重量税額は車両重量0.5t毎に決められています。また、エコカー減税適用か否かで自動車税の軽課が決まります。13年経過車は重課となり18年経過車はさらに重課になります。

車検には新しく交換した部品交換費用も必要です。オイル交換などの油脂類なども含まれます。事前に車検の見積りをお願いし必要な交換部品、油脂類を明確にしておくことで必要な車検の費用がいくらかかるかわかりやすくなります。

インターネット予約で車検費用を安くしよう

ハンドルインターネットが普及しパソコンのみならずスマートフォンでも簡単にインターネットにアクセスできる現代では、少しでも多くのお客様を獲得するために車検の予約をインターネットで申し込むと割引を行う車検整備業者も出てきています。車検専門のフランチャイズ店やガソリンスタンドを中心にインターネットで車検を予約可能な店舗があります。割引額は500円から2,000円程度です。全国規模でフランチャイズ展開している車検専門店でもインターネット割引のある店とない店がありますのでお近くのお店を調べてみることが大切です。

「地域名車検ネット割引」で検索することによる探したい地域でネット割引をしている車検業者があるかどうか簡単に検索可能です。車検の早期予約割引は多くの業者で行っていますが車検のネット予約割引はまだ少ない状況です。なぜ少ないのか?やはり実際にクルマの状態を一度点検し車検の見積を出してから予約して欲しいのが業者側の気持ちです。車検に通るかどうかわからない、どのくらい整備費用がかかるかわからない点ではお客様も業者も同じです。ネット予約割引と早期予約割引など車検の安い業者を比較し選ぶことも大切です。新しいクルマで初回車検や二回目の車検の場合は、それほど大きな部品を交換しなくても車検は完了します。新しいクルマならネット予約がおススメです。しかし、年数が経過したクルマは部品の消耗もありますので一度点検見積をお願いしてから予約することをおススメします。

車検後のアフターサービスについて

真っ赤な車車検の後のアフターサービスを行っている整備業者もあります。とにかく車検を格安で完了させて次の2年間を乗り切ろうと考えているユーザーも少なくなく、車検後はあまり気にせず車に乗っているユーザーが多いのではないでしょうか?しかし、よくチェックしないと損してしまうケースもありますので、車検の際には車検の内容のみばかりでなくアフターサービスの有無もチェックしましょう。

大手カー用品販売店では、車検を受けていただいたお客様にエンジンオイル交換の割引チケットやオートマチックオイルの割引チケット、ワイパーゴム交換の割引チケットが綴られた冊子状のチケットが配布されます。次回の車検までの有効期限ですので該当パーツ、油脂類交換の際には忘れずに利用しましょう。また、次回車検のメンテナンス用に利用しても有効利用できます。

大手車検専門店では短くて6か月間、長くて2年間の整備保証を用意しています。エンジンオイルやタイヤの消耗品は除きますが、車検の際に交換した部品が保証期間内に故障した場合には無償で点検交換をおこなうアフターサービスです。実際には2年以内でダメになる消耗品以外のパーツはあまりありませんので保証を打ち出してもお客様が利用する頻度は少ないため業者側にはあまりデメリットはありません。整備保証があるためしっかり責任をもってメカニックが点検整備を行いますので安心で、万一不具合が出ても安心ですのでお客様へのメリットは大きくなります。

ディーラー車検も含めてですが、車検後のアフターサービス保証は新しいクルマほど手厚く、9年以上経過したクルマの保証は対象外になるケースもありますのでアフターサービス保証の内容をよく確認することが大切です。

▲ ページトップへ